【用語解説】基本契約と個別契約

この用語の意味

商取引は「基本契約」と「個別契約」の2種類の契約から構成されることがあります。これは、商取引が継続的に行われるものであることが多く、個々の取引の成約について簡便さが求められるからです。具体的には、あらかじめ個々の取引に適用される基本事項を取り決めておき、発注書や請書のやりとりだけで契約を成立させるなどして、成約にかかる手間を省く工夫を行います。この場合の基本事項の取決めを「基本契約」と呼び、発注書などを交わして個々の取引について合意することを「個別契約」と呼びます。

用語解説

基本契約とは

基本契約とは、継続的取引全体に適用される基本事項の合意をいいます。B to B 取引の多くは継続的な取引ですが、逐一網羅的な契約書を作成していると取引コストが増大してしまいます。そこで、あらかじめ基本事項を合意しておくことで、その後の取引について簡易な合意で済ませるようにするのです。典型的には、不特定物売買の取引基本契約をあげることができます。

典型的な売買の基本契約には、次の2種類の条項を入れます。

  • 債権保全関連条項
  • 商品の特質に関係する条項

具体的には、次のような条項を入れます(江頭・後掲6-7頁参照)

  • 債権保全関連条項
  1. 報告義務に関する条項
  2. 営業上の重大事項の通知義務に関する条項
  3. 期限の利益喪失条項
  4. 無催告解除条項
  5. 担保提供義務に関する条項
  6. 相殺、換価処分の許容に関する条項
  7. 弁済充当の順序に関する条項

債権保全関連条項が個別的色彩の薄い金銭債権の回収に重点が置かれていたのに対して、商品の特質に関係する条項はもう少し具体的な取引に接近します。

  • 商品の特質に関係する条項
  1. 個別契約の締結方法に関する条項
  2. 価格の算定方法・代金の支払方法に関する条項(なお、個別契約でも合意される。)
  3. 商品の納入方法に関する条項
  4. 検収条項
  5. 危険負担に関する条項
  6. 所有権の移転時期に関する条項
  7. 瑕疵担保条項・品質保証条項
  8. 免責条項
  9. 債務不履行に関する条項
  10. 損害賠償条項

なお、各条項の解説はリンク先などをご覧ください。

個別契約とは

個別契約とは、基本契約の対概念であり、個別的な単発の取引契約のことをいいます。基本契約がなければ、そもそも個別契約を観念することはできません。一般的な取引契約の構成要素のうち、基本事項として基本契約ですくい取った残りの部分が個別契約なのです。とはいえ、個別契約では、個別の取引の中核部分が合意されることになります。具体的には、次の部分を合意することになります(江頭・後掲8頁参照)

  1. 商品明細
  2. 価格
  3. 納入条件
  4. 代金支払条件(なお、基本契約でも合意される。)

そもそも、基本契約と個別契約の組み合わせで取引を行うことにする理由は、逐一、個別の取引の契約書を作成するなどの手間をかけたくないからです。ゆえに、基本的に個別契約には「個別契約の契約書」というものがないか、あっても簡素なものであることが通常です。個別契約の締結方法としては、たとえば、基本契約上で注文書や請書のやりとりがあって契約が締結されることなどが考えられるところで、契約締結方法をなるべく簡易にする工夫がなされます。より簡易に個別契約を締結したい場合には、メールなどのやりとりによって契約を締結するという方法も考えられます。いずれにせよ、継続的に多数回行われる取引に余計な手間をかけないような工夫が大切だということです。

参照情報

  • 関連法律:民法、商法など。
  • 江頭憲治郎『商取引法』(弘文堂、第8版、2018年)

(平塚)

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします